入れ歯

お一人おひとりのニーズに合わせた入れ歯

お一人おひとりのニーズに合わせた入れ歯

「いくつになっても自分の歯で食事を食べたい」「入れ歯がズレたり外れたりするので困っている」「口を開けると金属金具が目立つのでイヤ」――こうしたお話しを入れ歯を使っている方からお聞きすることがあります。

入れ歯は口腔内の粘膜の上に人工で作った歯を置くだけなので、不安定になりがちで痛みや違和感が気になる方も少なくないようです。入れ歯には保険で作る入れ歯と自費で作る入れ歯があり、様々な種類があります。それぞれに使う素材が違うので、どんな入れ歯を選ぶかによって装着感や安定性が変わってきます。

当院では自費で作るインプラント・オーバーデンチャーから、保険義歯まで様々な種類に対応し、お一人おひとりに合った入れ歯をお作りしています。患者さまの悩みや要望をていねいに伺い、口腔内の状態とご要望を取り入れながら最適な入れ歯をご提案します。入れ歯でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

当院の入れ歯メニュー

インプラント・オーバーデンチャー

インプラント・オーバーデンチャー

インプラントを利用した入れ歯です。歯のない部分にインプラントを埋入して土台を作り、その上に人工歯を装着します。インプラントが土台となるので非常に安定性が高く、ズレやガタつきが少ないのでしっかり噛めるようになります。また、入れ歯を固定させる金属のバネも不要なので、他の歯を傷めたり負担をかける心配もありません。取り外しも簡単にでき、違和感も少なく理想的な入れ歯といえます。

バネのない「エステティック・デンチャー」

バネのない「エステティック・デンチャー」

「ノンクラスプデンチャー」ともいわれる入れ歯です。固定させるための金属のバネを使っていないので、目立たず自然な口元に見えます。特殊樹脂を使っているので、吸いつくような安定感とソフトな感触があり、違和感がほとんどありません。若い世代の方や見た目が気になる方にはおすすめの入れ歯です。

金属床義歯

金属床義歯

床部分に金属を使った入れ歯です。金属を使うことにより保険の入れ歯よりも床部分を薄くすることができ、コンパクトに仕上がります。金属の特性として熱伝導率が高く、食べ物の温かさや冷たさが伝わって食べ物の味を損なう事がありません。また、金属は変形しにくく耐久性があり、落としても壊れにくいので長く使える入れ歯です。

プラスチック義歯

プラスチック義歯

保険で作るプラスチックの入れ歯です。安定性や快適さにやや欠けますが、ていねいに作ると日常的な食事や会話に困ることはありません。保険が適用されるので治療費負担を抑えることができます。

診療案内一覧

まずは
ご相談
ください

「安全なインプラント治療を受けたい」
「前歯の被せ物が変色しているので、人前で笑えない」

など、お口の悩みはありませんか?
治療に関する疑問・不安・治療内容について、まずはお気軽にご相談ください。

神奈川県川崎市高津区下作延7‐1‐26ドミールアン1F
▲ 土曜は9:00~18:30 休診日:金曜日・日曜日・祝日 ▲ 土曜は9:00~18:30 休診日:金曜日・日曜日・祝日
土曜は9:00~18:30 休診日:金曜・日曜・祝
神奈川県川崎市高津区下作延7‐1‐26ドミールアン1F
JR南武線 津田山駅 徒歩4分 武蔵溝ノ口駅徒歩7分 田園都市線 溝の口駅徒歩7分 駐車場2分 JR南武線 津田山駅 徒歩4分 武蔵溝ノ口駅徒歩7分 田園都市線 溝の口駅徒歩7分 駐車場2分